HOME>ホットトピックス>専門学校ならゲームプログラマーへの道が一直線!資格取得もスムーズ

専門学校ならゲームプログラマーへの道が一直線!資格取得もスムーズ

PC操作

知識とスキルを身に付ける専門学校

専門学校では、社会の中で役立つ知識と専門スキルを学ぶことができます。また、持っておいて損はない資格の取得もサポートしてくれるのです。だからこそ卒業後の就職を考えたときにも、有利に動ける可能性が高くなります。近年では、専門学校の幅も非常に広くなっており、自身が求める進路に合わせた学校を選べるようになっています。

システムエンジニアとゲームプログラマーの違い

システムエンジニアの仕事はシステムの仕様を決定すること

システムエンジニアの仕事は、システム全体をどういったものにするのか、クライアントの意見を元にして細かな仕様を決定していくことになります。システムエンジニアが行った仕事を、その後プログラマーが引き継ぐことになります。

ゲームプログラマーがゲームを作る

ゲームプログラマーはプログラマーの中でも「ゲーム」に特化した性質を持ち、実際にプログラミングを行っていく仕事となります。ただし両者の役割が一緒に行われるようなケースも少なくありません。

自分に合った職種を探そう

ゲーム業界やプログラミングに関して興味・関心を抱いているときには、自分に合った職種を探すことが大切です。インターネットや口コミ情報を参考にしながら、必要とされる資格についてもリサーチしておくと良いでしょう。

色々あるゲームクリエイターの種類

ゲーム機

プロデューサー

プロデューサーは、ゲーム制作に関わる全ての仕事を統括し、指揮する仕事です。予算管理からスタッフ・スケジュール管理まで、細かく行います。

ディレクター

プロデューサーのもとで、実質的にスタッフを管理するのがディレクターです。それぞれの部署との連携を図りながら、ゲーム制作を進めていけるよう取り計らいます。

ゲームプランナー

ゲームの企画や仕様を作り、流れを決定する仕事となります。制作されるゲームがどのような性質のものになるのかは、プランナー次第となります。

シナリオライター

ゲームの流れに沿って、シナリオの構成やストーリーを決定する仕事です。キャラクターの性格や台詞など、ゲームの雰囲気を決める重要な仕事です。

ゲームプログラマー

それぞれのスタッフが作り上げた要素を、開発言語を用いて、実際に落とし込んでいく作業を行います。プログラミングで、ゲーム全体を仕上げていきます。