HOME>みんなの声>ゲームプログラマーを目指す人なら知っておきたい資格とは

ゲームプログラマーを目指す人なら知っておきたい資格とは

男性たち

ゲームが好きな人は将来、好きなことを仕事にしたいと思いゲームプログラマーを目指すという人は少なくないでしょう。ゲームプログラマーになるには資格が必要なわけではなく、資格がなくともゲームプログラマーになることは可能です。しかし、資格はあった方が就職に有利となるため資格について知っておくと良いでしょう。

レビュー一覧

基本情報技術者試験を受けていた方が良いですよ(30代/女性)

ゲーム制作がしたい人は、ゲームプログラマーを目指すかもしれません。そうなったら、基本情報技術者試験は絶対に受けておくべきです。合格して資格を持っているだけで企業からの評価が上がります。試験合格に情報技術の基礎を覚えるため、情報関係の仕事に必要な知識も身に付けられます。会社に入ってから勉強するより、ずっと効率的ですよ。くわえて、他の資格を取る時にもこれが役立ちます。勉強の時に培った知識が下支えになるので、理解が早くなるわけです。就職前に専門学校で勉強という人も、基本情報技術者の資格を持っていれば推薦や評価で有利になりますよ。そして何より、これは国家資格です。国から認定されるわけなので、持っているだけで周りの見る目も変わります。

必須な資格はないけどTOEICを持っていたら評価されるよ(20代/男性)

ゲーム好きなら、ゲームプログラマーになりたいと思ったことが一度はあるんじゃないでしょうか。ゲームプログラマーになるには資格とかが気になるところですが、なるだけなら資格なしでも一応できます。ただ、まったくいらないかと言うとそうでもなく、持っておいた方がいい資格は当然あります。自分の場合だとTOEICですね。会社に入ったら少なからず英会話スキルが必要になるので、英語ができることも評価対象として見られます。TOEICの勉強が実際に役立ったこともあります。同じ会社の外国の方と話す時は、勉強しておいてよかったって毎回思いますしね。どんな資格がいいか分からない人は、TOEICで高得点を目指してはどうでしょうか。