人気のゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、近年人気の職種の一つです。ゲームの企画や意図に合わせて動くよう、プログラミングを行う仕事となります。自身の可能性を試せる職種としても人気があり、資格を取得することで有利になるでしょう。

ゲームプログラマーになるために持っておきたい資格

勉強道具
no.1

基本情報技術者試験

情報通信技術全般における基本的知識を問う内容の試験で、コンピューターの基礎やシステム開発の基礎を理解していることが求められます。基礎知識を有している証拠として活躍してくれることでしょう。

no.2

TOEIC

ゲームプログラミングの世界にも、国際化の波は押し寄せてきています。このため、実は意外と英語力が求められるケースも多くあります。TOEICで自身の英語力をアピールするのもオススメですし、コミュニケーション能力の高さを伝えるのも良いでしょう。

no.3

C言語プログラミング能力検定試験

C言語は、ゲームはもちろんさまざまな企業のあらゆるシステムで使われている言語です。この資格を取得しておけば、基本的なプログラミングに関する知識を身につけていることを証明できます。

資格を持っている方が就職に有利

ゲームプログラマーになりたいと思ったときに、「絶対に必要な資格」というものは存在しません。「ゲームが好き」という気持ちが何よりも大事という企業も少なくないでしょう。しかし大手企業になればなるほど、倍率は高くなります。資格取得は、自身の思いとやる気をアピールするための手段の一つです。

ゲームプログラマーに関する疑問

初心者からでもゲームプログラマーになれますか?

初心者からでもゲームプログラマーになることは可能ですが、最初から大手企業を狙うのは難しいかもしれません。中小企業で経験を積み、それから挑戦するのがオススメです。

どういった会社が就職先として挙げられますか?

ゲームプログラマーの就職先としては、ゲームメーカーやゲーム制作会社が挙げられます。近年では、ソーシャルゲームを扱う企業も人気を集めています。

競争率はどの程度ですか?

ゲームプログラマーの就職倍率は非常に高いです。特に会社の規模が大きくなればなるほど、倍率は高まると言って良いでしょう。合格するためには、さまざまな工夫を凝らす必要があります。

年収が高いのは、どんな人ですか?

近年は、コンシューマーゲーム業界よりもソーシャルゲーム業界に務める人の方が、年収が高い傾向があります。コンシューマー業界からソーシャルゲーム業界へと転職した方も、これまでの知識と経験を買われ、年収が高めに設定されるケースが多いようです。

ゲーム業界の今後は大丈夫ですか?

コンシューマーゲームを中心としたゲーム業界は、残念ながら徐々に衰退していると言われています。しかし、その分ソーシャルゲーム業界が発達しており、今後も世の中の流れに沿う形で、ゲームプログラマーは必要とされると見込めます。

ゲームプログラマーとして最前線で活躍するなら資格取得は必須!

PC操作

効率良く資格を得るなら専門学校

ゲームプログラマーになるための基礎知識や、就職活動を有利に進めるための各種資格は、専門学校に通って勉強するのが一番です。情報系の四年制大学を卒業した方を中心に、採用活動を進める大手企業もありますが、専門学校では、より即戦力に近い形での勉強ができます。

ゲーム機

自分に合った専門学校の探し方

ゲームプログラマーを目指して専門学校を探す場合には、自分に合う学校を選ぶことが何よりも重要です。まずはインターネット上で情報を集めてみてください。どのような内容を学べるのかと共に、卒業生の実際の就職先についてもチェックしてみると良いでしょう。その上で、資料請求をしたり見学に行ってみたりすることをオススメします。